SPECIALスペシャル

日本財団 海と日本プロジェクト 恋する灯台行脚 第9弾

2019.10.19

日本財団 海と日本プロジェクト 恋する灯台行脚 第9弾

恋する灯台認定行脚2019 第9弾!
北海道網走市「能取岬灯台」!!

網走といえば、言わずとも有名なのは網走刑務所。

実は網走刑務所と北海道開拓は所縁が深い。
北海道開拓の要、道路整備などに、
網走刑務所の囚人たちが深く携わっている。

また網走はオホーツクの沿岸漁業の拠点として
先人たちの想像を絶する苦労と努力により、
北海道の豊かな水産資源を支えてきた。

冬はマイナス20℃にもなるこの極寒の地に、
1917年に初灯された能取岬灯台!!!

当時、ロシア帝国の南下政策に備える
拠点として開拓が急がれた北海道で、
この灯台は100年の月日を前に何を思うか?

この灯台は、八角形という珍しいフォルムに
白と黒のストライプという美しいデザイン灯台。
網走国定公園内に位置し、
周囲には大草原が一面に広がる。

岬の先端からオホーツク海を臨み、
遠浅な海岸には白波が寄せては打ち返し、
その音は悠久の時を超えて繰り返す。

網走市は、今回の認定を喜び、
市役所前、道の駅の前には、たくさんの
恋する灯台のぼりが掲げられていた。

また歓迎とばかり、FM網走にも、
生出演させていただき、
プロジェクトをPRさせていただいた。

今回の表敬訪問および認定式は、
灯台のそばで行われ、たくさんのメディアに
来訪いただき、主旨を伝えることができた。

恋する灯台の認定式の翌日、
灯台の一般公開が行われ、
翌々日には、網走マラソンが行われるらしく、
灯台がマラソンコースとなっている。

この絶景灯台に乾杯!!

素晴らしき日本の海と灯台!
素晴らしき地域の海の文化と物語。

素晴らしき灯台との出会いは、
素晴らしき日本の海洋文化との出会い!

2019年の恋する灯台認定行脚はおしまい。
まだまだ、今年も灯台イベントは満載!!

盛り上げていこう!
全ての出会いに感謝!

Be romantic!!

イメージ1 イメージ2 イメージ3 イメージ4 イメージ5