SPECIALスペシャル

日本財団 海と日本プロジェクト 恋する灯台行脚 第4弾

2019.10.19

日本財団 海と日本プロジェクト 恋する灯台行脚 第4弾

恋する灯台行脚2019

第4弾 石川県七尾市「能登観音埼灯台」!!

魅惑の能登半島。

前回の珠洲市の禄剛崎灯台のとき感じたのは、独特の異世界感。

異国感ではなく、異世界感なのである。

どことなく、不思議な時間と空間感覚に囚われ、ある種のこの世の果て感を思わせる能登半島。

表敬訪問の前日、「能登観音埼灯台」に訪問してみる。

相変わらず、つい1時間前だったのが、ここでも雨は止む。

もはや本当に魔法。

能登観音埼灯台は大正期に建造された灯台で、こじんまりとしたサイズだが、

大海原を見つめ佇む姿は堂々としている。

観音崎には小島があり、満潮になると渡れなくなる情緒豊かな場所であり、

島には小さな社がある。

そこは海鵜が神の使いとなる400年以上も続く能登の奇祭 【鵜祭り】の舞台だという。

そして、翌日の表敬訪問から、石川テレビによる1日密着ロケ。

七尾市の不嶋市長を表敬訪問したところ、能登観音埼灯台は不嶋市長の出身地であるとのことで、

恋する灯台を盛り上げていく、モニュメントや絵馬などの仕かけなど、

他エリアに負けないような取組を実施したい、と力強いお言葉をいただく。

ランチに、美味しい漁師丼に舌鼓を打ち、七尾市の伝統工芸である和蝋燭の老舗に立ち寄り、

北前文化と海との関わりについて学び、のとじま水族館にジンベイザメを訪ねる。

充実した表敬訪問となった。

まだまだ、続く恋する灯台行脚2019。今年はあと5つ。

さあ、頑張ろう!!

明日は、名古屋。「あいち みんなのサラダプロジェクト」がフィナーレを迎える!

イメージ1 イメージ2 イメージ3 イメージ4 イメージ5