SPECIALスペシャル

日本財団 海と日本プロジェクト 恋する灯台行脚 第2弾

2019.10.19

日本財団 海と日本プロジェクト 恋する灯台行脚 第2弾

2019年 日本財団 海と日本プロジェクト
「恋する灯台認定行脚2019」
第2弾は、千葉県いすみ市 太東埼灯台灯台!!!

太東埼灯台は、昭和25年につくられ、
その後、昭和47年(1972年)、
激しい海蝕により大規模な崖崩れがあったため、
現在の場所に新設されたとのこと。

ちなみに今回も雨は降らず、魔法が効きました(笑)

太平洋を臨むランドスケープというのは、
やはり圧倒的な世界の果て感がある。
どこか、このまま世界の果てに吸い込まれてしまいそうな
そんな異国情緒にうっとり。

灯台は立派なフォルムで、
周辺もきれいに整備され、見晴らしのよい展望台になっている。

いすみ市は、山川森海と自然が豊かで、
いすみ鉄道が走る田園風景は、夏は蛍が飛び交い、星空も美しい。

表敬訪問したいすみ市長・太田市長や
地元の太東埼燈台クラブの伊藤理事長、成澤総務部長にも同席いただき、

恋する灯台プロジェクトの意義、
全国灯台文化価値創造プロジェクトの目的など、
お話しさせていただき、灯台活用について
モニュメントはもとより、錠前の取組など

ぜひ他認定地域で実施しているものも
真似して挑戦してみたい、と
とっても前向きな意見をいただきました。

東京からちょっと足を伸ばすと、
こんなに素敵な風景が広がるいすみ市。
おなじ九十九里浜に屹立する
飯岡灯台(2018年度認定灯台)と合わせて
恋する灯台を巡る旅は、
絶好のドライブルートかもしれません。

それぞれの恋する灯台のまちでは、
さまざまな灯台の利活用が進み、
ますます灯台を通じて、
地域の海の文化に関心を持ってもらえると
嬉しく思います。

ますます加速する、
日本財団 海と日本プロジェクト!!

今日で2か所目。あと、7地域。
頑張りましょう!恋する灯台認定行脚!!

夏が始まりますね!

イメージ1 イメージ2 イメージ3 イメージ4 イメージ5